勤行「0分」の証拠

(『慧妙』H16.8.16)


▲学会が「月刊ペン」裁判の際に証拠として提出した"池田大作の行動記録"